2017年大注目フレンチがここ! 早くも予約困難な、名店『アピシウス』出身シェフの自分らしいフレンチ

 



名店『ル・ジュー・ドゥ・ラシエット』が『レクテ』となりリスタート!

2007年のオープンから数カ月という異例の速さで『ミシュランガイド東京 2008』に一つ星のフランス料理として掲載されてから“超”がつく人気店となった『ル・ジュー・ドゥ・ラシエット』が2016年2月に改装のため休業した。


ところが、いつ営業再開するのか未定のまま佐々木直歩シェフは系列店の『ヌーヴェルエール』へ移ってしまった。そして1年2カ月が経ち、内装だけではなく店名も新たに『レクテ』となり、ついに復活を果たしたのである。


階段で2階にあがると看板も店名もない扉が。中に入ると白とダークブラウンを基調にしたエレガントな佇まい、グラスやカトラリーはもちろんのことナプキンの角度まで寸分の狂いなくセッティングされたテーブルは見ているだけで気持ちが良い。

以前に比べると少し落ち着いた雰囲気になっただろうか。パーテーションで仕切れる個室もでき、プライベート感もある。では料理はどう変わったのか気になるところだ。

自分らしさを極めた佐々木シェフの料理は感動もの!

「素材のありのままの形や本来の味を大切にしています」との言葉通り、食材をいじりすぎず、本来の香りや個性をも楽しめるように料理している。
次ページ :  シェフ自らさまざまな産地に赴き漁師や生産者に直…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月18日今日の献立

土曜日はちょっと手をかけて、カレー粉から作る香り高いカレーを作ってみませんか?スパイスを使った副菜2種を添えて。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.