「本物とは何か?」を体験できる、京都の老舗料亭『菊乃井』が開いたカジュアルな「お弁当と甘味」の新店

 



「本物とは何か?」をとことんまで追求して創り上げた『菊乃井』の新店

戦国時代に千利休が大成した「侘び茶」。わずか2畳ほどの茶室は、その日の茶事を取り仕切る亭主の宇宙であり、茶器、道具はもちろん、掛け軸から生け花に至るまで、亭主のもてなしの心とセンスが反映され、試される場だった。

その根本は「極限まで無駄を省く」ことにあり、質素で寂しく、静かなものを良しとする「わび・さび」の美が感じられたという。そこでは殿様も武士も刀を置き、身分に関係なく肩を並べて茶を飲み、語らっていた―。


そんな空間が現代にあったらどうなるだろうか。ただし、「わび・さび」の美と、誰もが美しいとする普遍的な「絶対美」、そのどちらにもとらわれることなく、亭主が「自分が良しとする本物だけを、納得がいくまで集める」形にしたら…?そんな想いから、2017年4月に誕生したのが、ここ『無碍山房(むげさんぼう)』(写真上)だ。

世界的にも有名な作家や職人の技術が結集


亭主は、日本を代表する老舗料亭『菊乃井』の三代目主人にして総料理長であり、世界的にも活動の場を広げる村田吉弘さん(写真上)。

店作りのきっかけは、京都・円山公園ほど近くに佇む『菊乃井』本店の隣家が売りに出たことで、「あの庭の桜を見ながら、肩肘はらずにコーヒーでも楽しめる場所があればいいな」と。
次ページ :  ふと思ったことだったとか。 しかし、いざ創るとなると、前…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年8月20日今日の献立

家族でワイワイ楽しむ献立です。ホットプレートが大活躍の週末メニューです。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.