iメンテナンスのお知らせ

旬を食べる「草鍋」は夏でも注文殺到! 自家農園の朝どれ野菜が絶品すぎる、代々木上原の『どろまみれ』

 



鍋料理はそろそろオフシーズン突入――と思われがちだが、どうやら『どろまみれ』が供する「草鍋」においては、季節は関係ないようで、常に店の人気料理だという。

主役は草、もとい野菜。ナバナに、フキ、アスパラ菜、カラシナ……青々しくフレッシュな春の野菜たちが「待ってました!」とばかりにてんこ盛りで登場する。「草鍋」は季節を食べる鍋なのだ。

野菜で季節を感じさせる「草鍋」は絶対食べたいイチオシメニュー


2017年3月、代々木上原駅すぐの場所にオープンした『どろまみれ 代々木上原店』。5mもの重厚なケヤキのカウンターや、オーナー・磯部剛広さんが祖母から譲り受けた箪笥や小物入れといった、リアルな古家具が醸す穏やかな空間が、訪れた者の心を優しくほぐす。


店名の『どろまみれ』は「季節野菜」というコンセプトに由来するという。店で使用するすべての野菜が埼玉県にある自家農園でその日採れたもので、聞けばスタッフ自ら種植えや草むしりといった作業から収穫まで携わるこだわりぶり。


「畑の15種野菜盛り」、「10種グリーンサラダ」といった前菜的なものから炭焼き野菜まで常時20種類の野菜料理がそろい、中でも人気なのがさまざまな野菜を堪能できる冒頭の「草鍋」(1人前980円/2人前~)だ。
次ページ :  内容は日替わりで、この日は旬のナバナをはじめ、金沢の伝統野…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年6月24日今日の献立

週末の今日はサッと出来て美味しい、お酒のあての献立です。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.