iメンテナンスのお知らせ

初台でツウなオトナが足繁く通うナチュラルワインバーには、ゆる~い極上のリラックスがある

 



幸食のすゝめ#041、見上げる瞳には幸いが住む、初台。

「ねぇ、富田ラボって、たしか亡くなったよね?」、「えーっ、生きてるよ」、隣りのカウンターの3人が話している。
やめれば良かったのに、つい横から口を挟んだ。「確か、何年か前に矢野顕子さんとかが追悼やってましたよね」。
今度はカウンター内のマッチー(店主・町田洋子)さんが応える、「えーっ、ショック!でも、確か今度の畠山美由紀さんのライブに名前があった気がする」。
不安になって検索する、「生きてますね」と、僕。
だったら、亡くなったのは誰だろう?
その時、全員の声がユニゾンになった、「レイ・ハラカミ!」。
店内の音楽は、ハナレグミと富田ラボの「眠りの森」から、山下達郎のライヴへ。そして今は、ビーチボーイズの「Wouldn’t It Be Nice」に変わっている。マッチーさんのコンピレーションだろうか、次から次へとチャーミングで素敵な曲ばかりが流れる。
それはこの店のカウンターに並んでいるヴァンナチュールの瓶や、黒板に書かれた食べ物のメニューにも通じている。
自分が楽しめて、気持ちよく感じるものしか置かない。それは「自分で何から何までやってみたかった」という彼女の美意識で紡がれた「すてきなメロディー」だ。
次ページ :  レコード会社に勤めていたマッチーさんは、もとも…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年6月25日今日の献立

フライののり巻き、バター風味の煮物、洋野菜の汁物、洋風の食材が見え隠れする献立です。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.