創業130年、浅草の老舗酒屋が開いた「角打ち」は直輸入ワインからレアな日本酒までそろう、大人の隠れ家

 



赤く大きな提灯がシンボルの東京・浅草。観光のメッカ雷門から、雷門通りを西へ3分。創業130年になる老舗酒屋『相模屋本店』が、店舗リニューアルに伴い、念願だった「角打ち」をオープンした。ここ数年、角打ちが増えつつあるが、そもそも角打ちとは、酒屋の軒先の立ち飲み場のこと。そういう意味で酒屋が開いたこちらの店は、正真正銘の角打ちと言える。

和テイストをプラスした「バール風」店内は女性ひとりでも安心


角打ちは、酔っぱらいのおっちゃんが集い、女性ひとりには敷居が高い店が多い。しかし、『相模屋本店 KAKUUCHI』は、庶民的でコテコテの雰囲気を見事に払拭、高い天井の店内は、和テイストを取り入れたモダンな空間で、計算された高さ110㎝のカウンターに立てば、ゆっくりくつろげる。さくっと1〜2杯ひっかけるのもいいが、大人がしみじみ楽しめる、これまでにない角打ちなのだ。

迎えてくれるのは、お酒の女神!?いいえ、女将です

「角打ちのツマミって乾きもの程度でしょう?」と思っていると、メニューを見たら目からウロコ、ちょっとびっくりするだろう。豚肉のリエットに水牛のモッツァレラなど、ビストロやバールのような品揃えだ。
次ページ :  「角打ちでも、おいしいものがあるんですよ」と、…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年7月21日今日の献立

あっさり麺料理。ナンプラーを使って、簡単異国の味。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.