iメンテナンスのお知らせ

全米大注目のワイナリーと日本フレンチ界の鬼才がタッグを組んだ新フレンチが西麻布に誕生!

 



カリフォルニアのワイナリーと名シェフがタッグを組んだフレンチ

2つの冠がついたレストランが西麻布に誕生した。『Azur et MASA UEKI(アズール エ マサウエキ)』だ。


店名の“アズール”は、フランスの名門ワイナリー出身のジュリアン・フェイヤード氏がカリフォルニアのナパバレー クームズヴィルに魅了され2012年に作ったワイナリーで、ナパのベストワイナリーに選ばれるほど急成長した最上級の『アズールワインズ』の名前の一部からとっている。一方、“マサウエキ”はフレンチの鬼才とも言われる植木将仁シェフの名である。『ステラート』の初代総料理長、『Restaurant J』、『Restaurant MASA UEKI』のオーナーシェフとして食通たちをトリコにしてきた凄腕の持ち主だ(写真下・左)。


この2つの“冠”を結びつけたのがカフェの運営とワインの卸売業を手がける㈱マッシュフーズの雨宮龍社長(写真上・右)だ。雨宮氏は「アズール」のワインを最大限においしく飲んでもらえるレストランを作ることを決意し、植木シェフを抜擢。実は『ステラート』で同僚だった2人。いつか一緒に店を作ろうと話をして一旦別々の道を歩むが、20年の歳月を経てようやく念願が叶ったというわけだ。
次ページ :  『アズール エ マサウエキ』はモダンプロヴァン…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年6月27日今日の献立

ビタミンの宝庫、緑黄色野菜を多く使った献立。食後のデザートが付くと、ごちそう気分が高まりますね。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.