iメンテナンスのお知らせ

『龍吟』出身シェフの料理観が圧巻すぎる! 大使公邸を改装した一軒家のチャイニーズが南麻布にオープン

 



大使公邸を改装した南麻布の一軒家レストランがすごいらしい

フランス、フィンランド、パキスタン、ドイツなどの大使館に囲まれた南麻布の閑静な住宅地。そんなスペシャルな立地にスペシャルな中国料理店が誕生した。『茶禅華』である。


「中国から伝わったものを日本人が昇華させていく」という精神「和魂漢才」をテーマに、中国料理の本質を崩さず日本人の精神を以って食材、風土、文化、美意識に合うように昇華、洗練させている。ゆえに店の空間、調度品や食器に至るまでこだわりを持つ。


川田智也シェフは専門学校で中国料理を学び『麻布長江』で修業。料理の技術を基礎から叩き込まれただけではなく、人として、プロの料理人としての基本を厳しく教えてもらったという。10年間勤め副料理長として腕を振るい、本場の味を作ることを目指してきた。しかし、日本で仕事をする以上、食材はほぼ日本のものを扱う。日本の食材を知るには日本料理を学ばなければと思い、いちばんに川田シェフの琴線に触れたのが、世界的にトップレベルの六本木『日本料理 龍吟』であった。


中国料理とは違う意識レベルで素材に対峙する日本料理に触れた時に、中国の技術を学ぶこと、日本の食材を生かすことを柱として調理することを決意。
次ページ :  そして『龍吟』で5年間修業しながら、台湾の『祥雲龍吟』の立…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年6月27日今日の献立

ビタミンの宝庫、緑黄色野菜を多く使った献立。食後のデザートが付くと、ごちそう気分が高まりますね。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.