iメンテナンスのお知らせ

南米最高の料理人『D.O.M.』のアレックス・アタラ氏が来日! クリエイティブな料理はどう生まれる?

 



今世界のシェフや料理評論家、フーディーたちから、最も注目されている国はどこだろう。
フランス?スペイン?アメリカ?日本?シンガポール?いや彼らが夢中になっているのは、ブラジルやペルーといった南米の国である。例えば、英国の雑誌「レストラン」誌上で、600人のシェフや料理評論家が選ぶ「世界のベストレストラン502016」では、5つのレストランが南米から選ばれている。
なぜ、南米なのか?なによりもまず、食材の豊かさが挙げられるだろう。南米には、広大な土地と様々な自然環境が生み出す、欧米では知られていない多種多彩な食材が存在している。さらにその食材を使った料理は、様々な移民が織りなす多様な食文化によって調理される。この掛け合わせが生む複雑さが、人々を魅了するのである。

僕自身も去年ペルーに出かけたが、そこで初めて食べた食材は、50数種にも及んだ。様々な国に出かけたが、こんな経験はない。
ただ今までは、その複雑性や豊かな食材があっても、世界に訴えかけるようなレストランは存在していなかった。自国が持つ、類い稀なるポテンシャルに気づいたのが、新生代のシェフたちである。
彼らはフランス、スペイン、イタリアで修業して自国に戻り、自らの国のテロワールを生かすべく研究と食材探索を重ね、他国で学んだ最新料理テクニックを駆使して、モダンで革新的な料理を作り上げたのである。
次ページ :  そんなシェフの一人で、欧米ではカリスマ的存在で…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年6月28日今日の献立

赤、緑、黄色とビタミンカラーを揃えた、元気と美容を生み出すカラフルな献立。夏野菜の栄養をたっぷり補給して。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.