愛媛・松山で『分とく山』出身店主による地元食材と地酒を満喫!『東京ローカルレストランsachi』開催

 

今回、私は生産者を訪ね、素材はもちろん、それを作られている人、その土地の雰囲気を感じてまいりました。そこで感じたことを今回の料理に生かすことができていると思っています。季節感を盛り込んだ料理を存分にお楽しみください」。


『東京ローカルレストランsachi』では、生産者や料理人など作り手の皆さんに感謝の気持ちを込めて、「いただきます」といって乾杯をするのが恒例だ。今回も「いただきます」と乾杯!見知らぬ者同士の距離が徐々に縮まっていく。


日本酒のセレクトとサーブを担当するのは、愛媛県内子町で愛媛県を中心とした地酒を販売する『横田酒店』店主・横田光敏氏。松山市内でも愛媛県の地酒を扱うアンテナショップ『蔵元屋』を営んでいる。

訊けば愛媛は46もの蔵元があり全国的にも注目されている酒造県とか。日本酒のイメージが強い高知でも造り酒屋は18しかないそうで、その3倍近くも蔵元があるというのは、今回初めて知ったことだった。46ある蔵元のうちのほとんどが家族経営で丁寧な造りをしており、流通が限られているため希少性が高いそう。今回はそれぞれの料理に合わせて5銘柄が登場。いずれも愛媛県産の米で造られており、なかには4合瓶50〜60本ほどしか流通していないというレアモノも。
次ページ :  コースが始まる前に今回使われる食材そのものの味…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年10月16日今日の献立

グリルにお任せな楽々なメインに、野菜中心の副菜を添えて。ヘルシーでも食べごたえ抜群の献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.