あなたの知らない“昭和レトロな自由が丘”で癒される、着物女将とおでんの楽園

 



幸食のすゝめ#038、おでんの湯気には幸いが住む、自由が丘

「誰かの悪口や中傷で盛り上がる酒場より、おでんのこだわりで盛り上がる方が素敵じゃない」。客の1人から聞いたそのひと言が小さな自分の城を続けて行く自信になった。
自由が丘駅正面口を出ると、右側に突然出現する古き佳き昭和。細長く続く自由が丘デパートの1階を進んで行くと、途中で道路を1つ渡り、さらにレトロなひかり街に繋がっていく。その端っこ、線路側の2階に、藤沢佳子さんの『でんやふじさわ』がある。


かつては三島由紀夫が通ったボディビル練習場や、ひかり座という人気の映画館もあったひかり街、それに続くサンリキ商店街と自由が丘デパートは戦後のメインストリートだった。
等々力生まれで、尾山台の小学校に通った藤沢さんにとって、自由が丘は最も近い都会だった。独り身になって、働いていた広告代理店も辞め、友達と柿の木坂のラーメン居酒屋を手伝って1年。1人で店舗を探し始めた時、ひかり街の物件に出逢い即決した。
銀座から柿の木坂、そして自由が丘。少しずつ、自分が育った街に近づきながら、自分にしかできないことを探した。


とりあえず、お客に温かいものを出したかった。
次ページ :  着物がもともと大好きだったから、店では着物を着ようと決めて…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月23日今日の献立

勤労感謝の日は、いつも頑張ってる自分と、頑張ってくれてる家族にご褒美。ステーキでご馳走感をアップし明日への活力に。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.