辛いもの好き集まれ! 四川料理の名店が大集結したイベント「四川フェス」が、4月2日、中野で開催

 




※画像はイメージ

四川料理をベースに中国各地の調理法を取り入れ、日本人好みの四川料理を提供する、水道橋『中国菜館 志苑』も参加。イベントでは、ボリューム満点の「羊肉の蒸しパン包み」と、トロトロの牛すじに、しびれる辛さの麻辣(マーラー)が食欲をそそる「牛筋麻辣豆腐」が味わえる。


他にも、おまかせコースのみの銀座の名店『銀座 やまの辺 江戸中華』からは、「牛肉串」と「豚肉串」が味わえる。日本に四川料理を広め「四川料理の父」と呼ばれる陳建民創業の老舗『赤坂 四川飯店』からは、名物の「陳麻婆豆腐」が登場。また、西荻窪『仙ノ孫』はこだわりの火鍋が、そして、四川省出身者も通うほど本場の四川料理が味わえる西新宿の『天府舫』では、料理だけでなく同店自慢の「麻婆豆腐」でも使用されている調味料「花椒」を購入することも可能だ。

注目の新店の味がいち早く味わえる! これからオープンの注目店が「四川フェス」で初お目見え

現在オープン準備中の店舗も登場する。どれも名シェフが手がける新業態で、食通からの注目度も高い。これは、誰よりも早くチェックしておきたい!


『南三(ミナミ)』は、銀座『黒猫夜』で調理長として腕を振るった水岡孝和オーナーシェフがオープンを予定している店。
次ページ :  台南・湖南・雲南と三つの「南」をテーマに、中国南方系の料理…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年12月18日今日の献立

熱々の汁ものが美味しい季節。だしたっぷりの肉詰め巾着が主役の献立です。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.