自然派ワインがズラリ400種!まるでワインギャラリーの角打ち『no.501』はアーティストの秘密基地

 

すべてが小規模のワイナリーから仕入れた自然派ワインで、中には日本でたった数本しか入らない希少ワインもあるという。

代表の尾藤(おとう)信吾さんの本業はイベントプロデュース業。「仕事がらワインやシャンパーニュに触れる機会が多く、ある時、自然派ワインに出逢い魅了されてしまいました」と話す。人工的な酸化防止剤を使わず、フィルターをかけない、ブドウの力だけで生まれるワインの未知なる味わい、デザイン的に凝ったエチケットに心惹かれたという。少しずつブドウ栽培、醸造について勉強し、生産者の素顔を知り、「ブドウの生産者、そして醸造家たちはアーティストですよ。ワインは彼らの作品なのです」と、声を強める。だから、ワインショップはギャラリーという位置づけ。ここに並ぶほか、都内倉庫に350本ものワインを秘蔵している。

1本1本ワインの素性を知り、自由に楽しく味わおう


「ブドウ畑では農薬や化学肥料を使っていません。手間ひまをかけてブドウを育てる生産者の皆さんは、畑の職人です。そして収穫後、ブドウは醸造家の手に渡ります。畑ではあんなに手をかけていたのに、醸造では人の手を極力入れない。それが自然派ワインなんです」と、益谷(ますたに)真歩さん(写真上)が、ボトルを愛おしそうに見つめながらわかりやすく話してくれる。
次ページ :  益谷さんは、イタリアに滞在し、「イタリアソムリエ協会A…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月20日今日の献立

1週間の始まりは元気が出る中華の夕ご飯で決まり! フライパンで作る蒸し物は思ったより簡単にできるのでお勧めです。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.