お茶漬けがハイレベルすぎ!定番から変わり種まで、米とだしにトコトンこだわるお茶漬け専門店『雅なだし』

 



素材にこだわる、“FARM TO BOWL”な「だし茶漬け」

近年、素材にこだわる飲食店が増えている。それは日本料理や鮨、フレンチにとどまらず、ベーカリーやラーメン、カレーなど気軽に食べられる国民食にまで及ぶ。農園から食卓まで一貫して管理する「FARM TO TABLE」といったフレーズが一般的になりつつある中、“FARM TO BOWLな、だし茶漬け”を謳う店が半蔵門にオープンし、早くも会社勤めの男女を中心に話題になっている。


それが、オーナーの小宮淳一さんと、「飲食店をオープンすることがずっと夢だった」という奥様と二人で開業しただし茶漬け専門店『雅なだし』だ。

奥様は、「もともと食べることが大好きで、外食によく出かけていました。そのときに、この野菜ってどこで穫れたものなのだろう?調味料はどんなものを使っているのだろう?と気になることが多かった」と食材に対する興味が人一倍強かったと話す。


「安心して食べられるものは、誰にでも手の届く価格で、気軽で、肩肘を張らないものでありたいという考えがありました。そして、お茶漬けというごくごく一般的な料理を、専門店としてこだわり抜いたものを提供したら、気に入ってくださる方々がいるのではないかという期待もあります」

米は契約農家から仕入れるササニシキをふっくら炊く

長崎県産平子鰯煮干し、静岡県産宗田節、沖縄県産塩と、すべて国産素材を使用し、丁寧に煮出している。
次ページ :  「だしは、60分煮たら昆布を出して……など、一番気を遣って…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年5月30日今日の献立

鶏肉の主菜に、ジャガイモの煮物とみそ汁を添えた和食の献立です。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

インスタグラム
記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.