串焼きも唐揚げも! 絶品ジビエが居酒屋感覚で楽しめる大阪・北新地『ミートミート』は初心者にもオススメ

 



大阪・北新地のとあるビル。うなぎの寝床のような、細く、奥行きの長い廊下を入っていくと、スタイリッシュなガラス張りの店がある。ここが2016年9月24日にオープンした、ジビエ料理が食べられる『meet meat(ミートミート)』だ。


そもそもジビエとは狩猟によって捕獲された野生鳥獣やその肉のことを指す。牛や豚、鶏など畜産物が「養殖」と例えるなら、ジビエは「天然もの」という位置づけだろう。ここ日本でも「またぎ」と言われる狩人がしとめた、クマやシカ、イノシシなど狩猟肉を食べる文化も古くからあった。山野を駆け巡り大空を舞った天然の肉は、脂肪が少なく引き締まり、栄養価も高い、まさに森からの贈り物と言えるだろう。

山形出身の店主が仕入れる、放牧飼育の三元豚や青森シャモロックも

『meet meat』は日本ジビエ振興協議会公認の店。店主の市村純さんは、関西の割烹料理店、日本料理店で修業した後、ジビエの魅力に惹かれ、日本ジビエ振興協議会の理事長のお店を訪ね、ジビエ料理を学び、『meet meat』を開業するに至ったという。


こちらの店のジビエ料理は実に多彩。シカ、イノシシ、クマ、カンガルー、ダチョウ、ラクダ、ラム、ウサギ、ヤギなど約12~13種を用意している。
次ページ :  カンガルーやラクダ、ワニなどはオーストラリア産のものを独自…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年10月17日今日の献立

サバのみそ煮は豆板醤を加えてピリ辛に。湯豆腐は煮たたせないのがポイント!

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.