“甘くて辛い 大阪の味”とはこれいかに?知る人ぞ知る「堂島カレー」を食べてみた!

 

「『甘くて辛い』ってどういうこと!?」「まあ、いっぺん食べてみて!!」

という、コックさん同志の会話が描かれたイラストから始まる『堂島カレー』の公式サイト。

実は筆者、堂島カレーを完食したあとに公式サイトを発見したのですが、「甘くて辛い」の文言を見て、とても納得してしまいました。

 

■「甘くて辛い」その秘密は?

今回いただいたのは、『堂島カレー ビーフオリジナル』。

お値段は788円(税込)。(Amazonにて、2018年11月現在の販売価格)

スーパーで200~300円ほどで販売されている市販のレトルトカレーと比べると、少しお高めでしょうか。

裏面の原材料を見てみると、玉ねぎ、牛肉の順番に多く入っているようです。玉ねぎが多いのは、ルーにも使われているからでしょうか?内容量は250gと、満足できそうな量です。

45353127_265570854017873_2290243279972728832_n


公式サイトには、


丹精込めて作り上げた、昔ながらの洋食屋のカレーです。何種類もの厳選したスパイスとフルーツをふんだんに使い、コクと旨みを風味豊かに引き出しています。最初「甘く」、そして後から「辛さ」を感じるカレーです。


とあります。スパイスが辛さの、フルーツが甘さの秘密なのでしょうか。
次ページ :  とにかく、百聞は“一食”にしかず。実際に食べてみましょ…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年11月20日今日の献立

アジのみそ焼きをメインにしたほっとするおいしさの和献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ