【第10回】130余年の歴史!洋食バル五島軒の「究極のまろやかカレー」を堪能

 

突然ですが、筆者は7歳と4歳の二児の母です。


子ども=無類の洋食好き

男性(夫)=子ども舌=無類の洋食好き


という、多くの日本人主婦が大いに共感してくれるであろう方程式の通り、我が家の子供たちと夫も無類の洋食好きです。

ハンバーグ、カレー、グラタン、ドリア、カニクリームコロッケ、オムライス、スパゲッティ、ピザetc・・・(じゅるり♡)

(2)


中でもカレーは特に大好物♡

そんな家族の大好きな「洋食カレー」を彷彿とさせるこのレトロなパッケージ感のカレーを今日はご紹介します。

ん~なんともレトロ。

「迎賓館」「鹿鳴館」という気高いオーラが漂ってますね。

函館は五島軒という老舗の洋食レストランのカレーです。

IMG_1751


 

◆130余年の歴史、「函館五島軒」とは

五島軒のおしゃれで洗練された素敵なサイトを見ると、こんなことが書かれていました。


創業明治12年。北海道で最も歴史ある西洋料理店。
五島軒は初代・若山惣太郎と長崎五島列島出身の初代料理長・五島英吉が、各々江戸と長崎を経て、当時国際貿易港であった函館で出会い、二人で在留外国人や外国船にパンや西洋料理を納める小さなレストランを開業した事から始まりました。
次ページ :  二代目若山徳次郎は東京の帝国ホテルで料理修行の後、大正6…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年12月11日今日の献立

食欲そそる魚のメインに栄養たっぷりの副菜、食べ応えのある汁物、バラエティーに富んだ献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ