大人のお肌をピンクに!「レバーとニラ」の魔法で美女度アップ【恋する薬膳26】

 

【恋する薬膳~迷える女子へ贈る優しいレシピ26】

バラ色の頬は少女漫画の世界だけでなく、私たち女性みんなの憧れ!
『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイやヘルシーな健康美のキャメロン・ディアスもそうですが、顔色がいいと、おのずと頬がほんのりピンクに染まります。

顔色が悪いからとファンデーションでデコレートしてピンクチークをのせるよりも、食事で体質改善を!

男性の目を奪うチークのポイントは「恍惚として火照ったような自然なピンク」です。化粧より、かわいくしてくれる…今回は「レバニラ」レシピをお届けします。

■レバーとニラの魔法

恋する薬膳レバニラ

レバーは豚のものを使用します。鶏でもOKですが、今回は豚レバーのお話を。
昔の人は自分の体の悪いところと同じ箇所を他の動物に置き換えて食べていました。

母に「飲みすぎて肝臓が疲れてるって?それならレバーを食べなさい」などとよく言われたものです。主に飲みすぎや顔色の悪さ、疲れている時にレバーをすすめられることが多かったと思います。

レバーは薬膳的には、血を補い、肝臓の働きを正常に戻す手助けをする作用があると言われています。
肝臓は、ほとんどの不調に影響があるように思われます。
次ページ :  肌荒れ、眼のかすみ、疲れなど…。たくさんの睡眠とレバーの力…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年9月21日今日の献立

魚も野菜もたっぷりとれる、栄養バランスの良い献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.