煮こみ時間1分!乾燥やお通じをよくする「えのきと卵のとろみうどん」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

前回の記事(時短カンタン「バナナのパンプティング」)はいかがでしたか?とても手軽でおやつにもぴったりなので、ぜひお試しくださいね。

さて今日は、秋の乾燥を防ぎながら、おなかの調子を整えるメニューをご紹介します。

薬膳的セルフケアポイント「えのき、卵」

8月頭に「立秋」を迎えた秋も、徐々に深まっています。そんな季節の変わり目が一番体調も影響を受けやすい時期。

この季節の一番の特徴は「乾燥」です。今回のうどんに加えた食材は、そんな乾燥による症状を和らげるのにぴったりです。

えのきの効能


  • 便通をよくする

卵の効能


  • 体液、血液を作り体を潤す

卵とえのき


秋は乾燥によって大腸も乾くので便秘がちに。また、秋は夏から冬への移行の時期なので、食べ物もなるべく、冷やさず温めないゆるやかなものを、体調をみながら取り入れていくのがおすすめ。

この食材に関する寒熱の考え方を、中医学(中国の伝統医学)では四性と呼びます。

四性とは

薬膳では、食材それぞれが体を冷やす、または温める、またはどちらでもない、という形で寒熱に関する属性もそれぞれもっているとされ「熱性、温性、平性、涼性、寒性」いずれかに分類されます。
次ページ :  秋のように寒暖が激しくない時期は、どちらにも偏らない「…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ