風邪のひきはじめにも!お腹に優しい「白菜と卵のとろとろスープ」

 

おはようございます。野菜ソムリエの柳沢紀子です。

今日は、ちょっとカゼ気味のときや体調がすぐれないときにもおすすめの消化がよい「白菜と卵のとろとろスープ」をご紹介します。

形がくずれるくらいまで煮込んだ白菜はおなかにもやさしく、すりおろししょうがが身体も中からあたためてくれます。ごはんを少し入れておじや風にするのもおすすめです。

白菜は芯の部分と葉の部分を別々に切り、先に芯の部分を炒めておくことで芯の部分もやわらかくなります。白菜は火が通りやすいので煮込むのにも時間がかからず、朝ごはんにもおすすめです。

今の時期においしい白菜はカリウムが豊富なので身体の余計な水分を排出してくれます。

さらにビタミンCも豊富なので、たっぷり食べたい野菜です。また、白菜に含まれている食物繊維もスープにしてやわらかく煮込めば、むりなく摂ることができます。

風邪のひきはじめにも!お腹に優しい「白菜と卵のとろとろスープ」

材料(2人分)




  • 白菜100g(ミニ白菜なら外葉2枚程度)


  • すりおろししょうが1片分


  • 鶏ガラスープの素小さじ1


  • 卵1個


  • 牛乳150ml


  • 水200ml


  • 油適量


  • 塩コショウ適量

作り方

1)白菜を芯の部分と葉の部分に分けて細かく切る。
次ページ :  2)白菜の部分を油で炒めて半透明になったら葉の部分と水…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年8月20日今日の献立

休み明けの月曜日は、主菜も副菜も短時間でシンプルに。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.