愛あるセレクトをしたいママのみかた

56年たった今も味わえる「伝説の料理人が作るスペシャルメニュー」とは

 


いよいよ今夏に迫った『東京オリンピック2020』。実に56年ぶりとなる東京でのオリンピック開催に、日本中がかつてない程の盛り上がりを見せています。そして同時に、“戦後復興の象徴”であった『東京オリンピック1964』が再評価されています。

東京オリンピック1964は、戦後日本がスポーツを通じて国際社会へ復帰するために重要な意味を持つ大会でした。そんな大会で全ての“食”を支えたのが、選手村食堂の4人の料理長と、全国から集められた300人の料理人たちです。



今回は、そんな4人の料理長の1人、村上シェフが生みだした革新的料理と帝国ホテルの料理に秘められた秘密をご紹介します!

目次 [開く][閉じる]

■選手村食堂のビュッフェ方式が、日本初のバイキングのはじまり?



オリンピックメニュー作成の中心的役割を担ったのは、選手村食堂の料理長の1人で、帝国ホテルの若き料理長・村上信夫シェフ。NHK『きょうの料理』講師としても活躍した日本洋食界における重要人物なんです。

帝国ホテル・本館17階にある『インペリアルバイキング サール』で提供されているビュッフェ料理こそ村上シェフが北欧料理『スモーガスボード』を元に生みだした“日本初のバイキング”なのです。
次ページ :  そして、村上シェフは自らが生みだしたバイキングをもとに…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月29日今日の献立

みんなが集まるハレのにぴったりのボリュームのある献立です。

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ