愛あるセレクトをしたいママのみかた

ナポリタンを生み出したシェフが作った「究極のスイーツ」とは?

 


2020年2月9日(日)15:00~放送の読売テレビ『東京オリンピック1964 魂のレシピ ~世界をもてなした伝説の料理人たち~』では、今から56年前、東京オリンピックの裏側で世界を相手に戦った選手村食堂の料理人たちにスポットを当て、徹底取材を敢行!ナビゲーター・松下奈緒さん、語り・ムロツヨシさんと共に知られざる物語を掘り起こします。

画像:ⓒytv

1964年の東京オリンピックで選手村食堂の運営を任せられたのは、4人の料理長たち。全員が当時の日本の洋食界をけん引する実力派シェフばかりでした。今回は、そんな彼らが作り上げてきた“日本の洋食”にまつわる歴史をご紹介します!


目次 [開く][閉じる]

■日本人シェフがナポリタンを開発?今や定番メニューを生み出したシェフとは?

選手村料理長の1人だった入江茂忠シェフ。帝国ホテルと並ぶ日本洋食界のルーツ『ホテルニューグランド』から選手村へ派遣されました。実はこの入江シェフ、誰もが知る『スパゲティ・ナポリタン』の生みの親なんです!

画像:東京オリンピック1964 魂のレシピ ~世界をもてなした伝説の料理人たち~

終戦後、進駐軍の軍人がケチャップで和えたスパゲティを食べているのを見た入江シェフは「これじゃ味気ない」と思い、『ナポリタンソース』を考案し、新たな料理として完成させたのだそう。
次ページ :  ■さらにプリン・ア・ラ・モードも! 入江シェフは、私…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月26日今日の献立

メインはサクッと揚がった天ぷらに、素材の味をシンプルに味わえる副菜とデザートの献立です。

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ