毎月3日間限定!京都にある“幻”の「どら焼き」とは

 


月に“3日”しか販売しないという江戸時代から続く伝統的な和菓子が京都にあるというのをご存知でしょうか?

今回は2019年6月5日(水)に放送された読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』の『スイーツファイル』で紹介された幻の和菓子をご紹介します!

■京都・西大路に本店を構える老舗和菓子店『笹屋伊織』


画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

名神高速・京都南インターから車で5分ほどのところにある『笹屋伊織』1716年創業という老舗の和菓子屋さんです。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

現在は国内に35店舗、全国各地の百貨店にも展開している和菓子の名店です。

そんな『笹屋伊織』で販売している”幻の和菓子”とは棒状の変わった形が特徴の『どら焼』(1棹1,620円・税込)。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

■忙しい修行僧たちの依頼で誕生した棒状の『どら焼』


画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

なぜ、このような棒状の『どら焼』が誕生したのでしょうか?『笹屋伊織』が創業した1716年から100年後の江戸時代末期に誕生したという棒状の『どら焼』。

5代目当主が、京都の東寺から「副食になるお菓子を作ってほしい」と、受けた依頼がきっかけだったそう。
次ページ :  5代目が頭を悩ませていたところ、お寺で『銅鑼(どら)』を発…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ