愛あるセレクトをしたいママのみかた

フードロスは家庭内でも! 野菜をムダなく食べきる“6つの工夫”

 

世界の食料問題に対して、日々台所でできる小さな一歩があります。ここでは、野菜を余すところなくおいしく食べきる工夫について、フードコーディネーターのこてらみやさんが教えてくれました。工夫しておいしく気持ちよく使いきる。
「食の仕事をしていると、どうしても野菜の皮や切れ端が大量に出てしまって。それを見るたびに、何か有効な使い道はないかと考えるようになりました」と話すのはフードコーディネーターの、こてらみやさん。普段から野菜を切るときは、硬い茎や根元に近い部分も細かく刻んで可食部分を増やし、生姜やレモンの皮は細かく切って干すなど、野菜を丸ごと食べきる工夫を心がけているそう。しかし、それでも皮やヘタ、根っこなど食べられない端材は出てしまうもの。そこで始めたのが水で煮出して作るベジタブルブロス。「野菜でとった出汁はクセがなく、味噌汁やリゾットなど料理のジャンルを選ばず使えて便利です。ベジブロス作りが習慣化してからは、野菜の端材がたくさん出ても、これで作った出汁はどんな味になるかなと楽しみになりました。鍋で煮て、漉すだけだから、料理初心者でも挑戦しやすいと思います」こうした日々の積み重ねで生ゴミの量はぐっと減ったという。
次ページ :  「目に見えてゴミが減ると達成感があります。“安いから”…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2021年4月17日今日の献立

ご飯にもパンにも合うチキン料理。副菜とスープの味付けに塩麹を使い、ヘルシーに仕上げました。

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ