愛あるセレクトをしたいママのみかた

時短! 節約!…女性約200人に聞いた「お家ごはんの便利アイデア」

 

時間の無い朝は豆乳かけてササッと食べられる」(31歳・専門職)


お肉や魚介類のストック率は意外にも低く、野菜と卵、豆腐が圧倒的な割合を占めました。あとは、調味料のこだわりがみなさんあるようで、働きながらでも時短で作れるように工夫しているのがよくわかります。

食事バランスを整えるコツ3つ



栄養が偏らないようにするポイントは……?

1. 種類や品数を多くする
「10品目を取るように心がける」(31歳・会社員)
「メイン+副菜1〜2品+サラダ+ご飯+味噌汁のバランスは崩さない。お肉かお魚は必ず作る、お野菜は3〜7種類以上は絶対に使うようにしている」(31歳・公務員)
「メインの魚かお肉に、副菜を2品、スープを1品にお米を食べる」(31歳・会社員)
「必ず野菜は数種類とる!」(30歳・主婦)

2. 色やカラフルさを意識する
「見た目の色味を考えてバランスをとる」(34歳・会社経営)
「見た目をバランスよく色とりどりにしている。あと、おしゃれなお皿を使うと、食欲アップ」(29歳・自営業)
「色どりに気をつける」(34歳・専門職)
「何かしら緑黄色野菜を使う」(31歳・専門職)

3. フルーツを添える
「食後に季節のフルーツを食べる」(31歳・会社員)
「朝ご飯にフルーツを必ず食べている」(32歳・会社員)
「お薬だと思って毎日フルーツを食べること」(27歳・会社員)
「フルーツは一日一個食べる」(31歳・専門職)


カラフルな色合いと品数を増やすことで、栄養バランスを保ちましょう。
次ページ :  また、旬の食材やフルーツを取り入れて、お家にいながら季節を…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ