愛あるセレクトをしたいママのみかた

おひとりさま大歓迎! 小皿で楽しめる“カジュアル中華料理”のお店

 

フードライター・平野紗季子さんの「MY STANDARD GOURMET」。今回は『STADIUM99 kayabacho(スタジアムキュウジュウキュウ カヤバチョウ)』の点心です。


今日は予定がなんにもない!自由だ!という夜、誰も誘わず一人で食べたり飲んだりする時間が好き……だけど中華はわりと難しい。好きな店のどこも大抵一皿ずつのボリュームが多いかコース料理しかなく、気軽にふらっと小皿でちょこちょこ……なんてわがまま、そうそう応えてくれない。

だからこそ去年茅場町にオープンした『STADIUM99 kayabacho』の存在は尊い。壁掛けの黒板には地蛤と菜の花の紹興酒蒸し(間違いない~)、うるいと蛍烏賊の春巻き(旬がぎっしり~)、つめた~いレバニラ(なにそれ気になる~)などお酒を呼びそうな中華小皿料理がずらり。しかも一皿500円~1000円ほどの良心価格で一人4品は全然余裕。そこへドラゴンハイボール(紹興酒の果実漬けの炭酸割り。これレモンサワーの次に流行ると思うんですけど)なんか合わせちゃうと、楽しさが止まらない。

「僕自身、一人で飲みに行くのが好きなんですよ。だから僕が行きたいお店を作ってる感じで」と店主の金岡永哲さん。
次ページ :  カジュアルながらも確かな中華の軸を感じるのは、『赤坂璃宮』…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年11月25日今日の献立

シーフードミックスを使って簡単にピラフを! コロッケはひとくちサイズで食べやすく!

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ