一汁三菜をワンプレートに! 美腸を叶える簡単“丼”レシピ

 

また、細かくカットしすぎないほうが、食べ応えがあり、満腹感にもつながる。

Point4:主菜
メインとなる主菜は、良質なタンパク質が摂取できる食べ応えのあるものをセレクト。必須アミノ酸を含む動物性タンパク質では、刺し身や切り身などの魚や肉でもOK。低脂肪で、食物繊維なども一緒に摂れる植物性タンパク質では、豆腐や納豆など大豆製品が手軽に取り入れやすい食材の代表格。

Point5:一汁
本来は、みそ汁などのいわゆる汁物のことをいい、水分を補うことも大切な役割。でも今回は、醤油や塩麹といった発酵調味料に着目。腸内の善玉菌の働きを活発にして、腸内環境を整える効果が高く、まさに腸の美容液。その発酵調味料がベースのたれで味つけをする丼レシピを提案。

ここでは、“きのことアボカド納豆丼”のレシピをご紹介します!



材料/1人分
玄米…1膳分、主菜[納豆…1パック、のり…1/2枚、青ねぎ醤油(B)…小さじ1]、副菜1[紫玉ねぎ…1/4個、えのき茸…25g、マッシュルーム…2個、玉ねぎ塩麹(A)…小さじ1]、副菜2[アボガド…1/2個、ゆずの皮…適量]

作り方
1、紫玉ねぎを薄切りにする。マッシュルーム1個を薄切り、もう1個を4等分に切る。
次ページ :  えのき茸の根元を落として3cmに切る。 2、鍋に水大さじ2…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年2月28日今日の献立

ゴマ油やニンニク、ショウガを効果的に使って香りもおいしくいただく献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ