キスするように食べる!? フィンガーフードのみの注目新店がスゴイ

 

レストランジャーナリスト・犬養裕美子さんの「今日、どこで何、食べる?」。今回ご紹介するのは、『&piece』 のフィンガーフードです。


コース料理の楽しみのひとつに、アミューズ・ブーシュ(あるいはアミューズ・グール)がある。“ひと口のお楽しみ”という意味で、フィンガーフード2~3品が出ることも多い。このスターターを軽く見てはいけない。そこにはシェフの創造力と味のセンス、技術、そしてサービス精神が凝縮しているのだから。

5月23日、代々木上原にオープンした『アンドピース』は、昼夜とも4200円のコース1本。なんとその内容はフィンガーフードのみ14~15品!「手で食べるということは温度と質感を肌で感じることです。五感を使って味わってほしい」と山岸正祈シェフ。料理専門学校卒業後、恵比寿『ジョエル・ロブション』、銀座『ロオジエ』という、東京でもトップクラスのフランス人シェフの店で修業した実力派だ。コースメニューの書き方も個性的で、左に素材、右に料理のテーマが表記されている。例えば「カプレーゼ・キス」。この料理は、透明な円柱の上に“赤い唇”がのせられて登場する。「これは手を使わないで食べてください」と指示が出る。
次ページ :  つまり自分の唇をつけてから、チュッと吸い込むのだ! 口の…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ