脂身は白い方がいい…? 意外と知らない豚肉の“基本のき”

 



「今日は生姜焼きにしようかなぁ~」とか「ロースの厚切りが安いからトンカツにしよう」などとお考え中のみなさん……新鮮な豚肉の見分け方ってご存知ですか? あんまり気にしていなかったという方もいると思いますが、今回は豚肉をよりおいしく食べるための “基本のき”をご紹介したいと思います。

【基本①】新鮮さの
証は“色味”に出ます

まずは鮮度の高い豚肉の見分け方をご紹介したいと思います。



はじめに赤身の色をチェックしてみてください。白っぽくくすんだものより、ピンク色でツヤツヤしているものの方が新鮮です。



脂の色味でも鮮度のチェックができます。脂の色が白ければ白いほど新鮮と言えます。脂が黄色っぽくなっているものは避けるのがベターです。

豚肉を購入する際は、赤身のピンク色と脂身の白色の境界線がハッキリしているものを選べば間違いありません。

【基本②】4カ所程度の
切り込みでグンと変わります

「大きめのお肉を買ったのに、焼いたら小さく縮んじゃった……」という経験はありませんか?

お肉の縮みは、赤身と脂身の間にある収縮しやすい筋膜に切り込みを入れれば防げます。いわゆる「スジ切り」です。
次ページ :  スジ切りは1cm程度の切り込みを4カ所ほど入…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年6月26日今日の献立

サッパリおいしい冷製パスタがメイン! ヘルシーな献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.