最近よくみる「アンガス牛」。じつはアメリカとオーストラリアじゃ別モノなんです

 



最近スーパーや飲食店でよく見かけるようになった「アンガス牛」。和牛の約半額という安さですが、肝心の味はどうなのでしょうか。今回はアンガス牛について詳しくご紹介します!

日本の牛肉事情に
変化をもたらしたアンガス牛

日本人の肉類の摂取量は年々増えており、1日摂取量は、2005年に80.2gだったのが、その後の10年で91gに増加しています。その一方で、高齢化などが原因で、肉牛を飼育する農家は減少しており、頭数不足になった和牛の価格が高騰。この状況をうけた今、日本人の牛肉事情に大きな2つの変化が起きているんです。



[アメリカ産アンガス牛の台頭]
かつて輸入牛肉というと、オーストラリア産が主流で、牧草肥育特有の肉質が日本人には「かたい」「香りが強い」と感じられていました。

でも、ここ最近よく見かけるようになったアメリカ産アンガス牛は、和牛と同じ穀物飼料で育った、やわらかで香りの少ない日本人好みの赤身肉が特長。和牛の半額以下で買えるのにおいしい、と多くのスーパーや飲食店で人気を集めています。

[赤身肉や熟成肉のブーム到来]
アンガス牛の人気に合わせるように、部位の好みにも変化が。2012年のレバ刺しの禁止から生肉嗜好が減退し、しっとり食感を残しつつも「加熱された」ローストビーフの人気が高まり、赤身肉が脚光を浴びるようになりました。
次ページ :  その後、昨今の健康志向や、外食産業での熟成肉ブームが追い風…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年10月18日今日の献立

コクのあるあんを絡めたボリュームたっぷりのメインに、甘さを楽しむ副菜、舌触りを楽しむ汁物。ワクワクの献立です!

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ