黄金比率発表! "だし巻きたまご" はコレでもう失敗しません

 



お弁当の定番おかず「だし巻きたまご」。今回は、巻くタイミングやだし汁の量など、検証してわかった、仕上がりもきれいで味もおいしい焼き方をご紹介します。

焼き方のコツを覚えて
おいしいたまご焼きを!

お弁当の定番「だし巻きたまご」。でも、「なかなか上手くできない…」と思っている人も少なくはないでしょうか? たまご焼きをふっくらきれいに巻けるたまご焼きのコツと、味がビシッと決まってふわふわに仕上がるだし汁の作り方をご紹介します。また、たまご焼き器を持っていなくても、フライパンできれいに仕上がる方法もあわせてご紹介します。



定番おかずのたまご焼きをふっくらきれいに作ってみましょう。

たまご焼きは固まりはじめたら
巻いていくのがポイントです!

たまごを巻くタイミングが重要な たまご焼き。今回は3つのタイミングで巻いて検証しました。

【タイミング①】下が固まり、上が液体の状態で巻く



底部分が固まってきたら、表面が半熟状態で巻きはじめます。少し残っている液体はフライパンを傾けて移動させて。

評価:◎



仕上がりはこちら。中心まできれいに焼けた、美味しそうなたまご焼きが完成しました。
次ページ :  巻きはじめのタイミングは下が固まりだしたらが正解です。 …>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年5月24日今日の献立

魚と野菜がたくさんとれる、栄養バランスの良い和定食です。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.