え、フライパンの「端」で焼くのが正解!?【めだま焼きバリエ4選】

 



なかなか思い通りに焼けないめだま焼き、コツを覚えて思いのままに焼いちゃいましょう。今回はレア、ミディアム、ウェルダン、そして両面焼きの4つの焼き方をご紹介します。

たまごはフライパンの端に
落とすのがポイントです!

どんなめだま焼きを焼く時も重要なのが、たまごを落とす位置です。焼くときはフライパンの中央ではなく、端にたまごを落として焼くと白身が広がりすぎずに美しく仕上がります。それでは、この基本のポイントをふまえて、4つの焼き方のコツをご覧下さい。

黄身がトロ~リとした「レア」は
トーストにのせて食べるのがおすすめ

ナイフを入れると黄身がトロ~リと出てくる「レア」に仕上げるには、極弱火でじっくり火を通していくのがポイントです。トーストにのせて食べたり、ロコモコなど黄身を絡めて食べたい料理におすすめです。

【焼き方】



中火にして焼き、白身の端がチリチリとなってきたら、フタをせず極弱火で5分焼きます。



5分焼いたら完成です。黄身に薄い膜がかかり、中が液状のままになっている様子がうかがえます。



仕上がりはこちら。ナイフをスッと入れると黄身がトロ~リと出てきます。

白身の白い膜で覆われた「ミディアム」
黄身はとろりと溢れる繊細さです

白身が白い膜でしっかりコーティングされた「ミディアム」。
次ページ :  黄身は「レア」と同じようにトロリと出てくるので、丁寧に扱う…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年8月20日今日の献立

休み明けの月曜日は、主菜も副菜も短時間でシンプルに。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.