知ってた? 缶詰は賞味期限ギリギリの方がおいしいんです

 



時短になるし手間いらず! 毎日の調理をグンと手軽にしてくれる缶詰と冷凍食品。そんな頼もしい味方のちょっと得する小ネタをご紹介します。毎日のお買い物に絶対お役立ちすること間違いなし!

缶詰は「賞味期限」をチェック!
実は味わいが変わるんです



食品は鮮度が命! 缶詰も賞味期限を見比べて、期限が後の方を買ってしまいがちです。だけど、缶詰の場合は缶の中で素材が熟成する期間も大切なんです。

買ってすぐに食べるなら、同じ缶詰でも賞味期限が近いものを買ったほうがベター。味がよくしみていたり、具が柔らかくなっていたりと、美味しさがグーンとアップしているんです。



賞味期限とは「その日付まで美味しく食べられる」ことをメーカーが保証するもの。缶詰の場合、製造日から常温でおよそ3年になります。同じスーパーで売っている商品でも賞味期限はバラバラなこともあるので、見比べてから購入しましょう。

冷凍食品は「保存料」がポイント
自然解凍品は特にチェック!

冷凍庫の温度である-18℃以下で保存すれば雑菌がほとんど増えないので、本来は冷凍食品に保存料を使う必要はありません。スーパーで売られている商品も、多くは保存料不使用で作られています。
次ページ :  味に影響が出る場合もあるので、できれば保存料を使っていない…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年2月19日今日の献立

ご飯もパンにも合うポークチャップをメインに、簡単にできる副菜2品の組合せ。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.