知ってた? 同じ魚でも刺身と調理で食べごろが違います

 



魚は鮮度が命! 当然シメたてが一番新鮮でおいしいに決まってるじゃない。いえいえ、そうではないんです。同じ魚でも、調理方法によって食べごろが違うんですよ。

刺身用は鮮度
加熱調理用は旨味

魚は鮮度が命といいますが、何でもかんでもシメたてが一番! というわけではありません。結論から言えば、刺身はシメた後、死後硬直を起こしたとき、加熱調理用は死後硬直が解けたときが食べごろです。



魚は死後硬直を起こすと身が引き締まります。この時点では身はプリプリしていますが、旨味はないんです。刺身はこのタイミングがコリコリおいしい!



カンパチやタイなど白身の魚は、死後硬直が解けた後がおいしいと言われています。死後硬直が解けると、タンパク質が旨味成分のアミノ酸へ分解されるからです。魚の旨味成分が増えると、今度は加熱調理用として食べごろになるわけです。

スーパーでは、どういったタイミングで陳列するのかわかりませんが、死後硬直の前後で同じ魚でも調理方法によって、食べごろが変わってきます。魚を購入する際に知っておくととても便利ですよ。
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年9月25日今日の献立

豆腐やコンニャク、野菜をたくさん使った、ボリューム満点でヘルシーな献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.