「見ただけ」で好みの濃さピンポイント! 失敗しない牛乳の選び方

 



牛乳のパッケージに書いてある数字の意味は? 低脂肪乳は普通の牛乳より栄養が少ないの? 知っているようで知らない牛乳の疑問を解消します。

牛乳の味を決めるのは
乳脂肪分などのパーセント表示

牛乳のパッケージに書いてある「3.6」といった数字は、牛乳の中に何%の乳脂肪分が入っているかを示したもので、味、栄養価に影響する重要な要素です。季節によって牛の出す乳の濃さは異なっていて、夏は3.6%の乳脂肪分だった牛の乳も、冬になると4.2%ほどまで上昇します。この乳脂肪分を示す数字を見れば、まろやかで濃厚な牛乳を一目で見分けることができます。

さらに濃厚な味の牛乳を求める人は、乳脂肪分が高い牛乳以外に、クリームやバターを加えて乳脂肪分を高めた商品を選ぶのもおすすめです。また、味を決める要素はもうひとつあり、それは牛乳から水分と乳脂肪分を除いた「無脂乳固形分」。通常は8.3%~8.5%ですが、この数字が大きければ栄養価が高く、味も濃くなります。



パッケージの数字は乳脂肪分を示しています。味を大きく決めるのは乳脂肪分と無脂乳固形分。乳脂肪分3.0%までは「あっさり」、4.0%以上は「濃厚」な味になります。
次ページ :  低脂肪乳は1.5%以下 成分調整を行ってい…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.