知ってる? ただ「冷凍」するだけじゃダメなんです

 



ラップ、フリーザーバッグ、コンテナーなど、食品を冷凍保存する道具や容器はいろいろありますよね。ふだん、なにげなく使っているこれらの道具。食品の鮮度をキープしながら上手に冷凍をするための役立つテクニックをご紹介します。

[フリーザーバッグ編]
ポイントは空気!

まず、食材のサイズに合ったバッグを用意しましょう。余分があると、余計な空気が入りやすくなります。

酸化と乾燥の原因となる空気をできるだけ追い出すことがポイントです。

ステップ1:両端を閉じる



真ん中だけ開けて端を閉じます。

ジッパーは両側から閉じましょう。このときに真ん中だけ、空気穴として残しておきます。

ステップ2:空気を押し出すように巻く



全体を丸めて空気を押し出し、真ん中を閉じます。

袋を丸めることで、中に入っている空気を押し出します。真空パックするイメージで空気を抜きましょう。

やわらかい食材の場合は、形を崩さないように注意してくださいね。

ステップ3:平らにする



ジッパーを完全に閉じて、袋全体を平らにならします。余分な空気が入っていないかを確認して密封完了です!

[ラップ+フリーザーバッグ編]
併用して食材を守る!

食材によっては、乾燥や酸化を防ぐために、フリーザーバッグに直接そのまま食材を入れるのではなく、ラップで包んでから入れたほうがいい場合があります。
次ページ :  ステップ1:食材を切り分ける 解凍して調理…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年12月18日今日の献立

熱々の汁ものが美味しい季節。だしたっぷりの肉詰め巾着が主役の献立です。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.