知ってた? 玉ねぎは凍ったままの方がすぐ火が通る…冷凍のスゴ技ベスト10

 



食材保存に欠かせない冷凍ですが、調理を時短するのにも使えるってご存知ですか? 忙しいあなたにぴったりの凍ったまま調理テクベスト10選をご紹介します。なお、見出しの玉ねぎ技は第3位をチェック!

冷凍は調理のために
積極的に使うのが新常識

たいていの食材を長く保存できる冷凍庫は、今やなくてはならない存在。でも、忙しい現代人にオススメしたいのは、「とりあえず保存」のためだけじゃなく、「調理のために積極的におこなう」冷凍テクです。食材を凍らせてから調理すると、時短が可能になったり、ちょっとメンドウな調理も楽しくできちゃいます。

今回はそんな冷凍テクから、とっておきの10選をご紹介したいと思います。まずは編集部でも「おもしろい!」と話題になった「冷凍すりおろし術」からご覧ください。

【1位】新しい食感を生む
冷凍すりおろしテク

食材を冷凍してからすりおろす調理テクは、やわらかいパンでも、水っぽい山イモでもOKで、あたらしい食感を生み出すのがおもしろく、いろいろな食材で試してみたくなります。冷凍の基本は、ラップで包んでからフリーザーバッグに入れること。ラップだけだとはがれてしまうことがあるので、必ず袋も併用しましょう。
次ページ :  [パン] 食パンは1枚ずつ、空気が入らない…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年12月15日今日の献立

年末の忙しい金曜日は電子レンジを使って手軽に料理!

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.