SWEETS & BREAD

E・レシピ スイーツ & ブレッドスイーツ > レモンのメレンゲタルト
誰にでも簡単に作れるシンプルなお菓子のレシピ「スイーツベーシック」

レモンのメレンゲタルト
見た目も可愛いレモンのメレンゲタルト。甘酸っぱい味が夏にぴったり。意外に簡単にできます。
  レモンのメレンゲタルト
見た目も可愛いレモンのメレンゲタルト。甘酸っぱい味が夏にぴったり。意外に簡単にできます。


【直径18cmタルト型1台分】

<タルト生地>
 無塩バター・60g
 粉糖・40g
 溶き卵・1/2個分
 薄力粉・120g
<レモンカード>
 牛乳・200ml
 グラニュー糖・90g
 レモン汁・90ml
 卵黄・2個分
 無塩バター・50g
 コーンスターチ・30g
 レモン皮(国産:すりおろし)・1個分
<メレンゲ>
 卵白・2個分
 グラニュー糖・90g
 バニラエッセンス・小さじ2
チャービル・適量




無塩バターは常温において柔らかくしておく。

卵を常温にもどしておく。

天板にオーブンシートを敷く。

薄力粉はふるっておく。

 

<タルト生地>を作る。
ボウルに<タルト生地>の無塩バターを入れ、泡立て器で混ぜる。粉糖も加えてさらによく混ぜ合わせ、空気を入れるようにさらによく混ぜる。

<ちょっとヒント>
バターにしっかり空気を含ませること。また砂糖は粉糖を使うことがほろほろした食感のポイントです。


 

溶き卵を少しずつ加えてよく混ぜる。さらに薄力粉も加えてゴムベラでざっくりと混ぜる。


 

生地をひとまとめにしてラップに包み、冷蔵庫で1時間以上寝かせる。


 

冷蔵庫から出したら少しこねて柔らかくし、分量外の小麦粉で軽く打ち粉をし、麺棒で厚さ7mm程、タルト型より一回り大きく伸ばす。

<ちょっとヒント>
3cmほど大きく伸ばす。


 

(4)の生地をタルト型に貼りつけ、フォークで底をピケする。あれば重しをのせ、170℃に予熱しておいたオーブンで約15分焼き、重しを取り除いてさらに15分焼く。焼けたら冷ましておく。

<ちょっとヒント>
余った生地はクッキーとして焼いても良い。


 

<レモンカード>を作る。
ボウルに卵黄、グラニュー糖の半量を加えて白っぽくなるまで混ぜる。


 

(6)にコーンスターチも加えて混ぜ、牛乳、残りのグラニュー糖も加えさらによく混ぜる。


 

ザルで濾しながら鍋に移し、中火にかけ、絶えず混ぜながらトロミがつくまで加熱する。


 

トロミがついたら火を止め、レモン汁、レモン皮を加え、再度火をつけて弱火にし、混ぜながら約1分加熱し、火を止める。

<ちょっとヒント>
焦げないように注意する。


 

(9)に無塩バターを加え、余熱で溶かしながら泡立て器でしっかり混ぜ込み、粗熱を取る。


 

冷ましたタルト型に(10)を流し入れてヘラなどで平らにし、冷蔵庫で冷やしかためる。


 

<メレンゲ>を作る。
ボウルに卵白、グラニュー糖を入れ、約50℃の湯せんにかけながらハンドミキサーで角が立つまでしっかりと泡立てる。

<ちょっとヒント>
お好みで最後にバニラエッセンスを入れてもよいです。スイスメレンゲです。60℃を超えると固まるので注意してください。


 

好みの口金をセットした絞り袋に<メレンゲ>を入れ、タルトの上に均等に絞り出す。

<ちょっとヒント>
今回は丸口金を使用しました。


 

仕上げにバーナーで焼き色をつける。

<ちょっとヒント>
バーナーがない場合はそのままでもよい。オーブントースターで数分焼いても良い。


<ちょっとヒント>
ここではガスオーブンを使用しています。オーブンにより、温度や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。




ピックアップ

最新の おいしい!

インスタグラム

ピックアップ

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright c 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.