SWEETS & BREAD

E・レシピ スイーツ & ブレッドスイーツ > 本格レモンタルト
誰にでも簡単に作れるシンプルなお菓子のレシピ「スイーツベーシック」

本格レモンタルト
夏に食べたい甘くて酸っぱいレモンのお菓子。見た目も爽やかでおもたせにもぴったり。タルト生地はフードプロセッサーで簡単に手作り。夏なので焼くタイプではなく、冷やしてかためるフィリングにしました。
  本格レモンタルト
夏に食べたい甘くて酸っぱいレモンのお菓子。見た目も爽やかでおもたせにもぴったり。タルト生地はフードプロセッサーで簡単に手作り。夏なので焼くタイプではなく、冷やしてかためるフィリングにしました。


【18cmタルト型1台分】

<タルト生地>
 薄力粉・120g
 粉糖・45g
 無塩バター・70g
 卵黄・25g
 塩・少々
 ホワイトチョコレート・40g(1枚)
<レモンフィリング>
 レモン汁・90g
 グラニュー糖・90g
 無塩バター・70g
 レモン皮(国産:すりおろし)・1個分
 卵・2個
 卵黄・1個分
 板ゼラチン・4g
<トッピング>
 レモン(スライス)・適量
 チャービル・適量
 ピスタチオ・適量
 ケーキピックなど・1枚




<タルト生地>のバターは1cm角に切り、冷やしておく。

型の内側に分量外のバターを薄くぬり、分量外の薄力粉を型の内側全体に振り、余計な粉は型を叩いて落とし、冷蔵庫に入れておく。

薄力粉は振るっておく。

タルト生地のオーブンを170℃に予熱しておく。

 

<タルト生地>を作る。
フードプロセッサーに薄力粉、粉糖、塩を入れ、サッとかくはんする。角切にしたバターも加え、ポロポロになるまでかくはんする。

<ちょっとヒント>
バターは冷えたものを使ってください。


 

さらに卵黄も加えてかくはんし、ひとまとまりになったら打ち粉をした台などに取りだし、伸ばしては折りたたみ、これを3回ほど繰り返す。

<ちょっとヒント>
伸ばしにくいときは冷やしてください。


 

(2)をラップにひとまとまりにして包み、冷蔵庫で約1時間ほど休ませる。


 

休ませたら手で軽くもみほぐしてラップに挟み、麺棒で厚さ約3mm、型より一回り大きくなるように伸ばす。


 

ラップをはがして型に被せ、型からはみ出ている生地を、内側にそっと落とし込む。底と側面の生地を、指で押さえて形を整える。はみ出た生地を麺棒で切り落とす。

<ちょっとヒント>
生地が柔らかくなっていたら、冷蔵庫でいったん休ませる。焼き縮みを考慮して、生地の側面を3mmほど押し上げる。


 

フォークで全体をピケし、焼き縮み防止のため、冷蔵庫で30分〜1時間休ませてから、170℃に予熱しておいたオーブンで15〜20分焼く。

ここではガスオーブンを使用しています。オーブンにより、温度や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。


 

ホワイトチョコレートは湯せんにかけて溶かし、焼けて粗熱が取れたタルト生地の底にハケで薄くぬる。

<ちょっとヒント>
ホワイトチョコレートをぬることでタルトのサクサク感が保たれます。


 

<レモンフィリング>を作る。
板ゼラチンは冷水に入れてもどしておく。鍋にレモン汁、グラニュー糖、バターを入れて温める。


 

ボウルに卵、卵黄を入れて泡立て器でよくほぐし、(8)を少しずつ加えて混ぜる。混ざったら裏ごししながら鍋に戻す。


 

(9)を中火にかけ、ヘラでよくかき混ぜ、沸騰してトロミがついたら火を止め、水気をきったゼラチンを入れる。氷水に当て、レモン皮を入れ混ぜながら冷ましてしっかり熱を取る。


 

トロミがついたら、(7)のタルト型に流し入れ、冷蔵庫で冷やしかためる。かたまったら<トッピング>を飾る。




ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

インスタグラム

ピックアップ

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright c 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.