SWEETS & BREAD

誰にでも簡単に作れるシンプルなお菓子のレシピ「スイーツベーシック」

関東風の桜餅
薄力粉等の生地を焼いた皮で巻いた、関東風の桜餅。もちっとした皮と桜の香り&塩気が絶妙!
  関東風の桜餅
薄力粉等の生地を焼いた皮で巻いた、関東風の桜餅。もちっとした皮と桜の香り&塩気が絶妙!



【6個分】

<生地>
 薄力粉・40g
 白玉粉・10g
 砂糖(上白糖)・10g
 水・90ml
こしあん・150g
桜の葉の塩漬け・6枚
桜の花の塩漬け・6本
サラダ油・適量




桜の葉の塩漬けは軸の部分を取り、桜の花の塩漬けと共に水洗いして10分位、水に漬けてからキッチンペーパーで水気を拭いておく。

薄力粉は振るっておく。

 

こしあんは6等分し、俵型に丸める。


 

ボウルに白玉粉と砂糖を入れ、ごく少量の水を加えて泡立て器で混ぜる。ダマがなくなったら、残りの水を少しずつ加えながら溶きのばす。


 

別のボウルに準備しておいた薄力粉を入れ、(2)を少しずつ加えながら、空気を入れないように静かに混ぜてザルでこし、1時間くらい休ませる。


 

中火で温めたフライパンに、ごく薄くサラダ油をひき、(3)の生地を大さじ2〜3流し入れ、スプーンの底面で長さ12cm位に細長く伸ばす。生地に焼き色が付かないように気を付けながら、表面が乾いてきたら裏返して裏面もサッと焼き、クッキングシートにのせて冷ます。


 

(4)(1)を巻き、巻き終わりが下にくるようにする。さらに桜の葉の塩漬けで巻き、桜の花の塩漬けを上に飾る。




ピックアップ

最新の おいしい!

インスタグラム

ピックアップ

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright c 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.