連載








涼しくなって九条ネギが見られるようになると、このお吸い物の出番です。京都の家庭で秋冬のお汁といえば、ハンペンと九条ネギのお吸い物、茶わん蒸し、粕汁、豚汁。一般的に、このお吸い物に玉ネギは入っていないことが多いようですが、玉ネギを入れると、甘みが加わって、全体に味の幅がでてきます。また、寒い日は、このお汁を薄葛仕立てにもします。

甘みのある九条ネギは、煮物向き。九条ネギがでてきたら、すき焼き、になることも多いです。ほとんど4〜5cmに切った九条ネギと牛肉がメインで、玉ネギやコンニャク、焼き豆腐が少しずつ。また、鮭の水煮缶との煮物も。九条ネギと、水菜又は壬生菜を鍋の底に敷き詰めて、鮭缶を汁ごと上にのせ、お酒と水を加えて蓋をします。野菜がくったりなれば出来上がりです。小鉢にとり分け、お好みでショウユを少々落とします。


ハンペン・1枚
玉ネギ・1/2個
九条ネギ・2〜3本
土ショウガ・1/2片
だし汁・800ml
<調味料>
 酒・大3
 みりん・大1
 塩・小1
 薄口しょうゆ・小1


1 ハンペンはひとくち大に切り、玉ネギは縦1cm幅に切り、更に横半分に切る。九条ネギは水洗いして根元を切り落とし3cmの長さに切る。

 土ショウガは皮をむいて細いせん切りにし、水に放って、水切りする。

3 鍋にだし汁と玉ネギを入れて強火にかけ、煮立てば<調味料>を加え、ハンペンを加える。

4 再び煮立てば、火を弱め1〜2分煮る。九条ネギを加え、中火にして、九条ネギがしんなりすれば、土ショウガを加えて火を止め、器に注ぐ。




E・レシピトップページ 最新の連載一覧


Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright c 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.