連載

「シャッキリレタスのたっぷりレシピ」
実は、レタスはリラックス効果や、イライラを鎮める作用があるといわれている野菜。
レタスの和名は「チシャ」といい、その名の由来は、切ったときに白い乳状の汁が出ることから「乳草」(チチクサ)と呼び名が付き、それが変化したという説があります。この白い乳状の液体はサポニン様物質といい、肝臓や腎臓の機能を高める働きや、鎮静、催眠の効果があるといわれています。ちなみに、レタスという名前の語源はラテン語の「乳」。
レタスの約95%は水分で、美肌効果があるビタミンCや、若返りのビタミンといわれているビタミンE、その他食物繊維やミネラルを含む淡色野菜です。切ったりちぎったりした後水に浸すとビタミンCが水に溶け出してしまうので、水に浸すときはできるだけ大きめに切るか、短時間にしたほうが良いでしょう。
選ぶときは、葉が淡い緑色でみずみずしくつやがあるものを。また、切り口が白く、持ったときふんわりと緩やかに結球し、できるだけ軽めのものを選びましょう。外葉は捨てず、保存するとき利用できます。乾燥防止に外葉に包み、ポリ袋などに入れ、冷蔵庫の野菜室で保存して下さい。


RECIPE&COOKING&STYLING:AKIHO NISHIMURA PHOTOGRAPH:MAMI DAIKOKU EDIT:ASUKA HASHIMOTO 

E・レシピトップページ 最新の連載一覧

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright c 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.