連載

「今だけの味わい 新玉ネギのスピードレシピ」
新玉ネギの「新」とは!?
その年の春から夏に収穫されたものと、前の年の秋に収穫され、冬のあいだ貯蔵されていたものが同時に出回る時期に、貯蔵ものと区別するために付けられています。新玉ネギの特徴は、フレッシュでみずみずしく、辛味が少ないのでサラダなど生で食べるのに適しています。
玉ネギを切ったときに涙が出る原因は、硫化アリルという成分が目や鼻を刺激しておこるのですが、この成分はビタミンB1の吸収を助け、新陳代謝を活発にして疲労を回復する効果があり、血液をサラサラにして動脈硬化や高血圧、脳血栓を予防する効果が期待されています。硫化アリルは加熱により変化するので、生のまま食べることの多い新玉ネギは成分の摂取にぴったりの食材といえます。しかし、スライスして水にさらすと成分が減ってしまうので、なるべくそのまま食べるか水にさらす時間を減らして食べた方が効果的です。
選ぶときはへこみや傷がなく、芽が出ていたり、根の部分が盛り上がっていないものを選びましょう。
新玉ネギは味が落ちやすいのでできるだけ早めに使いきるのが理想ですが、保存するときはポリ袋に入れて冷蔵庫に入れて下さい。
一年中出回ることの多い野菜も、「新」と名のつくのは一年でほんのわずかな間、期間限定の自然の恵みをおいしく楽しみましょう。


RECIPE&COOKING&STYLING:AKIHO NISHIMURA PHOTOGRAPH:MAMI DAIKOKU EDIT:ASUKA HASHIMOTO 

E・レシピトップページ 最新の連載一覧

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright c 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.