京都の和食のご主人に教わる
本格おせち


車海老を開いて羽子板にみたてた料理。白身魚のすり身に卵黄を合わせたものを塗って、グリルでじっくり焼きます。
車海老‥10尾 白身魚のすり身‥100g(かまぼこ屋で入手可) 卵黄‥1個 みりん‥少々
1 車海老は楊子などで背ワタを取り、足側に竹串をうち、まっすぐに固定する。

2 中火の熱湯に入れ、3〜4分しっかりめにゆでる。ゆで上がれば酢少々を加えた冷水にとり、アクが出てくるのを止める。冷めた海老の頭と殻を取り除き、腹側に切り込みを入れて開く。羽子板の形に似せて、頭側を尾側を切り揃える。

3 すり鉢で、すりみ100gに卵黄1個を加え、なめらかになるまでしっかりとすり合わす。

4 開いた海老に3を尾まで全体の厚みが均等になるように塗る。塗った面を表にして、160℃位のオーブン(または弱火のグリル)で10分焼く。ひっくりかえして、海老の面も5分焼き、最後にすり身の面にみりん少々を塗り、2〜3分焼いて照りを出す。




おせちのリメイクレシピ

おせちの総力特集


E・レシピトップページ 最新の特集一覧



Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2019 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright c 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.