ほんの少しの工夫で
おもてなしの食卓がお洒落に



お正月の祝い酒として欠かせないお屠蘇(おとそ)は、800年頃中国より伝わった、一年の邪気を払う薬酒。

山椒、肉桂、桔梗、防風などを調合し「屠蘇散」として薬局で売られています。元旦に屠蘇器と三つ重ねの杯を使い、年の若い順に飲むのが一般的です。


【お屠蘇の作り方】
みりん180mlを日本酒120mlで割り、屠蘇散を浸し、3〜5時間ほど薬効成分が溶け出すのを待つ。甘い中にもほのかな薬草の香りと微かな苦味がプラスされ、爽快感があります。




おせちのリメイクレシピ

おせちの総力特集


E・レシピトップページ 最新の特集一覧



Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2019 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright c 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.