1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. ご当地おでん >
  4. 名古屋八丁みそおでんのレシピ・作り方

名古屋八丁みそおでん

八丁みそが入った煮汁なので、コクがあり具材にもしっかりと味がつきます。豚バラ肉はみそと相性ピッタリです!

名古屋八丁みそおでん
特集
調理時間
レシピ制作: 
材料 ( 2 人分

豚バラ肉(ブロック)150g
大根6cm
里芋4個
ゴボウ天2~4本
焼き豆腐1/2丁

<卵巾着>

  油揚げ1枚
  2個

<おでん煮汁>

  昆布(10cm角)1枚
  1000ml
  50ml
  砂糖50g
  みりん大さじ2
  八丁みそ70g

メモお買い物メモ
ジャンル:
和食 / 煮もの
種別:
主菜

下準備

  • 豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、水と一緒に鍋に入れ、煮たったら弱火で30分煮てザルに上げる。

  • 大根は厚さ1.5cmに切り、皮を厚めにむき、面取りをする。鍋に水と一緒に入れて火にかけ、煮たったら火を弱め15~20分下ゆでし、ザルに上げる。

  • 里芋は皮をむいて分量外の塩でもみ、水洗いして、鍋に水と一緒に入れて火にかけ、煮たったら火を弱め、5~10分煮てザルに上げる。

  • ゴボウ天は熱湯をかけ、表面の油抜きをする。玉コンニャクは熱湯で2~3分ゆで、ザルに上げる。

  • 焼き豆腐は3~4つに切る。

  • 昆布はかたく絞ったぬれ布巾で汚れを拭き取る。<おでん煮汁>の八丁みそは酒とみりんで溶いておく。

作り方

  1. 1

    <卵巾着>を作る。湯を沸かした鍋に油揚げを入れて油を抜き、ザルに上げる。粗熱が取れたら菜ばしを上から転がし、袋が開きやすいようにし、半分に切って袋状にする。卵を割り入れ、つま楊枝で留める。

  2. 2

    鍋に昆布と水を入れて中火で熱し、昆布のまわりにプクプク泡が出てきたら他の<おでん煮汁>の材料を加え、ひと煮たちさせたら、昆布を取る。

  3. 3

    全ての材料を加え、落とし蓋をして弱めの中火で40~60分煮る。具を取り皿に取り、いただく。

このレシピのポイント・コツ

・残った煮汁は捨てずに、うどんのおだしとしても使えます。
リストに追加ファンになる

現在のファン数217

増田 知子
レシピ制作 増田 知子

フードコーディネーター
企業にてメニュー開発や商品開発などに携わった後、フリーで活躍。冷蔵庫の中を見てから作り出すヒラメキ料理が得意。

増田 知子制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.