1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. 脳を活性化させる健脳レシピ >
  4. 健脳ハンバーグのレシピ・作り方

健脳ハンバーグ

牛もも肉、鶏レバーで記憶力アップ!お子様から大人までみんな大好きハンバーグ!

健脳ハンバーグ
特集
調理時間
レシピ制作: 
材料 ( 2 人分

<ハンバーグタネ>

  牛もも肉(スライスまたはブロック)200g
  鶏レバー80g
    大さじ1
  クルミ30g
  玉ネギ(みじん切り)1/2個分
  ニンニク(みじん切り)1片分
  卵黄1個分
  パン粉大さじ2~3
  小さじ1
  コショウ少々
  しょうゆ小さじ1/2~1
サラダ油大さじ1

<ソース>

  赤ワイン大さじ3
  ケチャップ大さじ4
  中濃ソース大さじ2
  しょうゆ大さじ1
  バター10g
  塩コショウ少々

<付け合わせ>

  クレソン1束
  プチトマト4~6個

下準備

  • 牛もも肉はひとくち大に切る。

  • 鶏レバーは水洗いして耐熱容器に入れ、酒をかけて少しすき間をあけてラップをかけ、電子レンジで1分加熱し、粗熱が取れたら細かく刻む。(ヒント)電子レンジは600Wを使用しています。

  • クルミはザックリ切り、フライパンで香ばしく乾煎りしていったん取り出す。続けて分量外のサラダ油少々で、玉ネギとニンニクを炒め、粗熱を取る。

  • フライパンにサラダ油大さじ1を薄くひいておく。

作り方

  1. 1

    フードプロセッサーに牛もも肉を入れてミンチ状にし、ボウルに取り出す。他の<ハンバーグタネ>の材料を加え、よく練り混ぜる。

  2. 2

    (1)を2または4等分にし、分量外のサラダ油を手にぬり、タネを手に取ってキャッチボールをする要領で空気抜きをし、形を整えてサラダ油をひいたフライパンにのせる。

  3. 3

    強めの中火にかけ、両面においしそうな焼き色をつける。弱火にしてフライパンに蓋をし、7~8分蒸し焼き状態で中まで火を通し、いったん取り出す(ハンバーグの中央に竹串を刺し、澄んだ汁が出たら焼けています。濁った赤い汁の場合は、もう一度蓋をして蒸し焼きにして下さい)。

  4. 4

    フライパンに<ソース>の赤ワインを加えて煮たたせ、他の<ソース>の材料を加えてひと煮たちさせる。少しトロミがついたら、(3)のハンバーグを加えて半分に切って重ねたスライスチーズをのせ、フライパンに蓋をする。

  5. 5

    スライスチーズが柔らかくなったら、ハンバーグを器に盛ってソースをかけ、<付け合わせ>のクレソンとプチトマトを添える。

このレシピのポイント・コツ

・牛もも肉、鶏レバーには、神経細胞の刺激伝達物質を合成する成分である亜鉛が含まれ、神経細胞の伝達がスムーズに行われることが記憶力アップにつながると言われています。レバーには脳の重要なエネルギー源であるブドウ糖の代謝に欠かせないビタミンB1も含まれ、脳の中枢神経や抹消神経の機能を正常に保ってくれます。
リストに追加ファンになる

現在のファン数324

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.