1. E・レシピ >
  2. 連載 >
  3. チョコエクレールのレシピ・作り方

チョコエクレール

ピスタチオの香りがふんわり広がるクリームは、大人の味。ぽこぽこ雪だるまのようにシュー生地を絞りだすのがポイント。

チョコエクレール
連載
調理時間
材料 ( 7 個分

<シュー生地>

  少々
  牛乳50g
  50g
  薄力粉90g
  3個
ピスタチオ(ペースト)30~40g

<チョコフォンダン>

  フォンダン(市販品)200g
  少々
  ラム酒小さじ1
チョコレート(市販品ハート型)12枚

下準備

  • オーブンを200℃に予熱する。

  • 無塩バターは1cm角に切り、常温にもどす。

  • 薄力粉は振るっておく。

  • 卵を常温にもどし、溶いておく。

  • ピスタチオペーストに基本のカスタードクリームを少量加え、なじませてからボウルにもどし入れ、絞り袋に入れる(なるべく小さな口金をセットして下さい)。

作り方

  1. 1

    <シュー生地>を作る。鍋に無塩バター、塩、牛乳、水を入れ、混ぜながら沸騰させる。火を止めて振るった薄力粉を一気に加え、力を入れながら手早く生地がまとまるまで木ベラで練る。再び火をつけ、鍋肌に生地を広げるようにしっかり練り、水分を飛ばす。

  2. 2

    1の生地をボウルに移し、溶き卵を少しずつ加え、固さを加減しながら手早く混ぜ合わせる。木ベラを持ち上げて、生地がひとタイミングおいてボトッと落ち、木ベラに三角に生地が残る位の固さになればOK。

  3. 3

    絞り袋に直径11mmの丸形の口金をセットし2の生地を入れ、天板にオーブンシートを敷き、絞り出す力に強弱をつけて直線に10cm絞り出す。間隔をあけながら7本作る。表面が乾かないように霧吹きで水を吹きかけ、フォークで端から端まで筋をつけて高さをそろえる。

  4. 4

    200℃に予熱しておいたオーブンで25~30分焼く。全体がキツネ色になり、表面に割れ目ができたらケーキクーラーに取り出して冷ます。

  5. 5

    完全にシュー皮が冷めたら、横半分を切り離さないように切り、ピスタチオペーストを混ぜ合わせたカスタードクリームをシュー皮に絞り出す。

  6. 6

    <チョコフォンダン>を作る。カカオマスをボウルに入れ、湯せんで溶かして50℃を保っておく。フォンダンを手で練って柔らかくしてから小鍋に入れ、水少々を加えて弱火にかけながら木ベラで練り混ぜる。トロミがついてきたら湯せんにかけ、混ぜながらツヤを出し、溶かしたカカオマスとラム酒を加え混ぜる。

  7. 7

    スプーン等でエクレアの上面に6をかけ、ケーキクーラーにのせて完全に乾く前にハート型チョコを飾る。※フォンダンとは砂糖と水あめを煮詰め、白くなるまで練った飴状のものです。無ければ溶かしたカカオマスのみでもOKです。

このレシピのポイント・コツ

・ここではガスオーブンを使用しています。オーブンにより、温度や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.