1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. 美膚茶鍋のレシピ・作り方

美膚茶鍋

美膚茶というお茶を使って体の中からきれいになりましょう!

美膚茶鍋
特集
調理時間
レシピ制作: 
材料 ( 4 人分

(薄造り)1/4~1/2身分
水菜2束
大根12~15cm
シイタケ(生)4個
エノキ1袋

<スープ>

  お茶(美膚茶パック3g入り)6~7個
  1500~1800ml
  昆布(10cm角)2枚
  100ml
  小さじ1

<ポン酢ダレ>

  柑橘汁(オレンジ・レモン等)60ml

<薬味>

  ネギ(刻み)適量
  七味唐辛子適量

<うどん>

  うどん(細:冷凍)3~4玉
  適量
  豆板醤適量

メモお買い物メモ
ジャンル:
中華 / 鍋もの
種別:

作り方

  1. 1

    <スープ>を作る。鍋に水と昆布を入れて30分以上置き、昆布だしを作る。そのまま火にかけ、煮立ったら昆布を取り出し酒、塩を加え、一煮立ちさせて火を止める。

  2. 2

    美膚茶パックを浸し、2~3分抽出してパックを取り出す。鍋の大きさによって、水の量を加減して下さい。スープが多い場合は、別に取り置きスープを足しながら使ってください。

  3. 3

    水菜は根元を落とし長さ5cmに切る。 大根、ニンジンは皮をむいて、スライサーやピーラーで縦薄切りにしてサッと水洗いする。シイタケは石づきを切り落とし、軸と笠に分け、固く絞ったぬれ布巾などで汚れを拭き取る。軸は縦に裂き、笠は切り込みを入れる。エノキは石づきを切り落とし、食べやすい大きさに分ける。<ポン酢ダレ>の材料を混ぜ合わせる。

  4. 4

    1の<スープ>を煮立てて、食べる分ずつ野菜を入れながら、鯛の薄造りをスープの中でシャブシャブする。取り鉢にスープ、<ポン酢ダレ>を合わせ、お好みの<薬味>を入れて、火の通った野菜と一緒にいただきます。

  5. 5

    <うどん>を作る。4の鍋に塩で味を調え、冷凍の細うどんを入れる。火が通ったら取り鉢に取り分け、お好みの<薬味>を入れて、<ポン酢ダレ>を加え熱々をいただきます。

このレシピのポイント・コツ

・お鍋後のスープには、おいしさだけでなく美肌成分がいっぱい!おいしく食べて美肌になりましょう!!身体の中から温まり、代謝もアップしますのでポカポカ!顔色も、魅力的なバラ色になりますよ!
リストに追加ファンになる

現在のファン数324

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.