1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. 基本の揚げ物レシピ >
  4. かき揚げのレシピ・作り方
太鼓判 10+ おいしい!

かき揚げ

18回 おいしい

サクッと香ばしいかき揚げ。具材を変えれば色々なバリエーションが楽しめます!

かき揚げ
特集
調理時間
レシピ制作: 

「かき揚げ」に関連する特集レシピ

もっと見る
材料 ( 2 人分

サツマイモ(小)1/2本
ゴボウ10cm
玉ネギ1/2個
ミツバ1/2束
エビ4~6尾
  小さじ1
  片栗粉大さじ1
小麦粉大さじ5~6
片栗粉大さじ2~3

<卵水>

  卵黄1個分
  冷水大さじ3
揚げ油適量

メモお買い物メモ
ジャンル:
和食 / 揚げもの
種別:
主菜

作り方

  1. 1

    サツマイモは皮ごときれいに水洗いし、長さ3cmのせん切りにして水に放ち、ザルに上げる。ゴボウはたわしできれいに水洗いし、サツマイモの大きさに合わせて切り、水に放ってザルに上げる。玉ネギは縦薄切りにする。ミツバは根元を切り落とし、ザク切りにする。<卵水>の材料を混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やしておく。

    <ポイント>同じくらいの大きさに切り、火の通る時間を同じにします。玉ネギは水分が出ないように繊維の方向に切ります。繊維を断ち切る方向に切ると水分が多く出ますので、揚げ上がりがしんなりします。

  2. 2

    エビは殻と背ワタを取り、塩をもみ込むようにからめ、水気がグレーになってきたら片栗粉を全体にからめ、水洗いして水気を拭き取る(大きい場合は食べやすい大きさに切る)。

    <ポイント>エビの表面を塩で洗いながら生臭みを出し、片栗粉で吸い取って水洗いする事で、エビがおいしくなります。

  3. 3

    ボウルに具材を混ぜ合わせ、さらに合わせた小麦粉と片栗粉を加え、粉っぽさが残るくらいにからめる。揚げ油を170℃に予熱し始める。

    <ポイント>粉をからめる事で、具材どうしがくっつくのを防ぎます。具材から出る水分を粉が含むので、揚げ上がりのべたつきが少なくなります。

  4. 4

    別のボウルに(3)の1/4量を入れ、冷やしておいた <卵水>を少しずつ加えながら、粉っぽさが少し残るくらいに合わせる。

    <ポイント>少しずつ混ぜる事で、小麦粉をこねるのを防ぎます。小麦粉はこねると粘りがでて、サックリ揚がりません。冷たい<卵水>を使うのも、粘りを出なくするためです。

  5. 5

    170℃の揚げ油に、(4)を木ベラや浅いお玉にのせて落とし入れる。

  6. 6

    約1分そのままにし、表面がかたまったら、ひっくり返して細い菜ばしや竹串で穴をあけるように刺し、サクッと揚げて器に盛る。お好みで分量外の天つゆやレモン、塩などをかけて下さい。

    <ポイント>菜ばしで穴をあけて揚げ油が穴を通るようにし、サクッと揚げるためです。

このレシピのポイント・コツ

・具はお好みで、ニンジンやジャガイモ、カボチャやキノコ類、春菊もおいしいですね。貝柱やイカ足、干しエビを入れるとコクが出てよりおいしくなります。
・油の温度が低いと揚げ上がりがベタベタします。一度に入れる量を少なめにし、油の温度が下がらないように気をつけましょう。
・粉に対して水の量が多いと、油の中でバラバラになってしまう事もあります。この場合は分量外の粉を少し足して下さい。ただし粘りをださないように注意して下さいね!
リストに追加ファンになる

現在のファン数324

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.