1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. ギンナンと焼キノコご飯のレシピ・作り方

ギンナンと焼キノコご飯

大きめのキノコがジューシー。もろみと良く合います。

ギンナンと焼キノコご飯
ギンナンと焼キノコご飯
特集
調理時間
2062 Kcal
レシピ制作: 
材料 ( 3 合分

640ml
昆布茶小さじ1.5
大さじ4
ギンナン(殻付き)40個
1/4~1/2カップ
シイタケ4~6個
シメジ1パック
マイタケ1パック
しょうゆ小さじ2
もろみ適量

作り方

  1. 1

    お米はといで、ザルに上げ水気を切って土鍋に入れ水、昆布茶、酒を入れひと混ぜして20~30分置く。

  2. 2

    ギンナンはペンチなどではさんで、又は包丁の背で軽く叩き、殻を少し割って、鍋に塩、ギンナンを入れて火にかけ、時々鍋をゆすりながら炒る。ほんのり色づき、ギンナンの香りがたってきたら火を止め、楊枝などで殻からギンナンを取り出す。ギンナンがはじけることがありますので、気をつけて下さいね。蓋をして炒ると安全です。

  3. 3

    生シイタケは汚れを拭き取り、石づきを取って軸を落とし3~4つに切り、シメジ、マイタケは小房に分ける。焼き網を強火にかけて十分熱し、弱めの中火にしてキノコ類を焼き色がつくまで焼いて、ボウルに取りバターとしょうゆをからめる。

  4. 4

    土鍋を強火にかけ、煮立ったら弱火にして12~13分炊いて、炊き上がったら火を止めて10~15分蒸らす。土鍋のふたが軽い場合は、ふたに煉瓦などをのせてください。

  5. 5

    土鍋の縁にしゃもじを入れて底から持ち上げ、ほぐす様に混ぜながら、余分な水分を飛ばし、3のキノコを加えて全体にザックリ混ぜ、2のギンナンも混ぜ合わせ、お茶碗に盛り、もろみを添える。土鍋のまま食卓に出してもいいですね!

リストに追加ファンになる

現在のファン数324

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    ウーマンエキサイト特集

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.